日本には圧倒的にコーチが少ない

すべてのプロスポーツ選手には、コーチがいます。

コーチ抜きで、プロスポーツ選手になることも、継続して活躍することも不可能といえます。

 

しかし、この国のほとんどの人には、コーチがいません。

人生をよりよくしたり、夢や目標を達成できる人生を生きていくことも、プロスポーツ選手同様かもしくはそれ以上に、スキルやノウハウ、経験は必要です。

にもかかわらず、まだこの国には、人生をよりよくするためにコーチをつけるという人がほとんどいません。

その理由は、本当に成果を出せるプロコーチがいないことが大きな要因だと思います。

 

米国など、個人の自己実現の追究が盛んな国には、多くのプロコーチがいます。

Facebookの職業にも、「コーチ」という選択肢があるくらいです。

 

私は、起業家・経営者・家族人として10年にわたる成功体験と、多くのクライアントの自己実現をサポートした経験を持つ、プロコーチです。

この国で、これだけの経験と実績を持つプロコーチはおそらくほとんどいません。

今いるコーチは、コーチングを学んで資格を取っただけのコーチがほとんどだからです。

 

プロスポーツコーチのケースを考えればすぐわかりますが、コーチの能力にはそのスポーツでの経験量と実績が圧倒的に意味を持ちます。

同様に、プロコーチの場合には、人生やビジネスでの経験量と実績が圧倒的に意味があります。

今後、本物のプロコーチが増えていくことが、この国の未来にとって重要な要素だと考えています。

プロスポーツ選手が引退後、コーチとして活躍するような形をビジネスの世界にも導入することで、優れたスキルの伝承とより多くの人々のスキルアップが可能になると思います。

この記事が気に入ったらシェアお願いします!

メッセージ・ご相談はこちら(必ず返信します)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

何でお困りかお選びください。

メッセージ本文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社エス・プロモーション 代表取締役兼CEO 山本 佳典 (やまもと・よしのり) 1989年岡山県生まれ 元大手金融機関(某メガバンク)勤務。 個人の超富裕層顧客に対してのリテール営業を経験。 自身のスキルアップのために取り組んだコーチング・コンサルティングビジネスにおいて、 “たった2か月でクライアント14名、723万円の契約報酬を獲得!” オフラインとオンラインを組み合わせた集客コンサルティング事業、わかりやすくて面白いコピーライティング事業、どんどん集客できるブログ型HP作成サポート事業、戦略的に高単価で売れるセールススキル養成事業などマルチに活躍。 相手の心を鷲掴みにするトーク術とナチュラルな雰囲気で多くのファンを獲得している。