自分を過小評価している人が多すぎる

昨日初めてお会いした

40代の女性の方の

旦那さんのお話です。

 

 

今やっている仕事が

しんどすぎてやめたいと

ずっと言っているそうで、

その原因は、やはり

【人間関係】とのこと。

 

仕事そのものは

特に不満なくやっているが、

一緒にやっている同僚や上司との

関係が良くなく、

給料等の条件面も

不当労働に近いそうなのです。

 

ただ、

その仕事を辞めるとなっても、

年齢条件等で

次の働き口が見つからず、

一歩が踏み出せない。

 

いろいろ聞いていくと、

やりたいなぁとおぼろげに思っていることは

あるそうで。

 

 

それは

自動車の整備関連の仕事。

 

 

車が変な音を立てたら、

どの部分が悪いか、

すぐに当てられるくらいのスキルがあるそうです。

 

また、性格的にも

真面目で誠実、

一度決めたらとことんやりぬくタイプ

だそうで、

 

僕は、

『それ、ご主人やれると直感的に思ったんですけどね。』

 

 

ただ、ご主人は

もう年齢もいってるし、

人と話すのも苦手だし、

資格もないし、

そもそもスキルがないし、

周りからも反対されるだろうし、

って諦めているそうなんです。

 

 

 

 

本当に、もったいない。

自分で勝手にリミッターをかけてるんですよね。

 

 

自分にはできないっていうのは、

ただの思い込み

なんですよね。

 

 

ネガティブフィルターで物事を見て、

自分は小さい人間だと

思っている人、

本当に多いんですよね。

 

 

こういう思い込みをなくすには、

ひとつひとつ書き出して、

それが紛れもない事実なのか、

それともただの思い込み・固定観念なのか、

冷静に分析し、

潰していくと解決できます。

 

 

自分で自分の可能性を潰す人生、

やめませんか?

 

この記事が気に入ったらシェアお願いします!

メッセージ・ご相談はこちら(必ず返信します)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

何でお困りかお選びください。

メッセージ本文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社エス・プロモーション 代表取締役兼CEO 山本 佳典 (やまもと・よしのり) 1989年岡山県生まれ 元大手金融機関(某メガバンク)勤務。 個人の超富裕層顧客に対してのリテール営業を経験。 自身のスキルアップのために取り組んだコーチング・コンサルティングビジネスにおいて、 “たった2か月でクライアント14名、723万円の契約報酬を獲得!” オフラインとオンラインを組み合わせた集客コンサルティング事業、わかりやすくて面白いコピーライティング事業、どんどん集客できるブログ型HP作成サポート事業、戦略的に高単価で売れるセールススキル養成事業などマルチに活躍。 相手の心を鷲掴みにするトーク術とナチュラルな雰囲気で多くのファンを獲得している。