足音だけで聞き分けできますか?

人によって足音って

微妙に違いますよね?

 

足を引きずっているような人。

堂々としている人。

早歩きな人。

 

いろいろですね。

 

 

足音を聞いただけで、

誰の足音か判別できる人いますか?

 

 

 

うーん、それは難しいという方。

ちなみに、

ぼくは人によるかなって感じです。

 

 

 

では、次に。

 

 

 

人の表情や息づかいを見て、

『あ、こいつ機嫌いいな、お願い事してやろ♪』

『あ、面白くなさそうやから、話題変えよう!』

 

って、すぐに判断できる人はいますか?

 

 

・・・・・

・・・・・


今、何をやったかというと、

 

 

あなたの

【利き感覚】

はどちらか考えていただいたのです。

 

 

私たちは普段、

 

五感(視覚・聴覚・身体感覚・味覚・嗅覚)を総動員して

外界の情報を取り入れていますが、

 

“利き手”が存在するように、

どの感覚でものごとを捉えることが多いか

という“利き感覚”が存在します。

 

 

この利き感覚。

 

 

実は、

営業・セールス・商談・恋愛など、

コミュニケーションの場で、

利用できるのです!

 

 

 

相手の利き感覚がわかれば、

その人の好きな・受け取りやすい、

感覚を刺激することで、

円滑なコミュニケーションがとれるのです。

 

 

===========================================================

 

利き感覚は大きく分けて、3つに分かれます。

①視覚型・・・目からの情報が優先される人。

       言葉で言われるよりも、目で見たらわかりやすいものが好き。イメージを大切にする。

 

 

②聴覚型・・・耳からの情報が優先される人。

       図などで解説するより言葉で理解・説明する方が得意。論理性や機能、情報などを大切にする。

 

 

③身体感覚型・・・自分の感覚を大切にする人。

説明や自分の考えを言葉で理解・表現するより感覚でつかむ方が得意。

論理性よりも「自分が実際にやってみてどうなのか」を大切にする。

 

=========================================================

以上を踏まえて、実例を出すと。

自動車のセールスマンが

見込み客に車の良さを伝える場合、

 

①視覚型の人には・・・『この流線型のボディがかっこいいんですよ。このスタイリッシュな内装最高です!』

 

②聴覚型の人には・・・『このエンジンは高性能ですので、燃費も業界最高水準の〇〇リッター走ります!』

 

③身体感覚型の人には・・・『触り心地の良い高級レザーシートを、ぜひ試乗して体感してください!』

 

img_d326e7f3c7792fa3c0bd6110a15d775b32421

 

 

ってな感じで、

使い分けると相手は

と心動かされますよ!

 

 

相手の利き感覚を判断するのは、

 

【観察力】

 

を極めるトレーニングが必要ですね!

 

それはまた今度!

この記事が気に入ったらシェアお願いします!

メッセージ・ご相談はこちら(必ず返信します)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

何でお困りかお選びください。

メッセージ本文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社エス・プロモーション 代表取締役兼CEO 山本 佳典 (やまもと・よしのり) 1989年岡山県生まれ 元大手金融機関(某メガバンク)勤務。 個人の超富裕層顧客に対してのリテール営業を経験。 自身のスキルアップのために取り組んだコーチング・コンサルティングビジネスにおいて、 “たった2か月でクライアント14名、723万円の契約報酬を獲得!” オフラインとオンラインを組み合わせた集客コンサルティング事業、わかりやすくて面白いコピーライティング事業、どんどん集客できるブログ型HP作成サポート事業、戦略的に高単価で売れるセールススキル養成事業などマルチに活躍。 相手の心を鷲掴みにするトーク術とナチュラルな雰囲気で多くのファンを獲得している。