分析できない人は前に進めない

 

分析ってことばを聞くと、

どんなイメージですか?

 

 

おそらくは、

こんな感じ↓

0534_top_arena

ですかね?

 

 

 

僕が今回、分析と表しているのは、

 

”ここまで実行してきたことが、

本当に正しかったか、

客観的に評価すること。”

 

 

という意味です。

 

 

例えば、

最近クライアントや知人から

多く寄せられる相談事として、

 

『全然結果がでないんだけど、

このまま今のビジネスを続けていて、

いいんだろうか。』

 

ということがありました。

 

 

僕よりもかな〜り前から

ビジネスを始めているのに、

欲しい成果が全く得られていない状況。

 

 

 

原因はただ一つ。

 

 

『失敗やできていないことを振り返れていないこと』

です。

 

 

失敗してもそのまま。

違和感があってもそのまま。

行動ができていなくてもそのまま。

誰かから指摘を受けても改善せずそのまま。

 

 

 

本当にやる気があるんか、と思いました。

 

そりゃ結果はでないですよね。

 

 

 

欲しい成果、正しい成果を得るには、

 

正しい行動をとる必要があります。

 

 

今回の場合、

 

改善をしようとしていないので、

そのまま正しくない行動をとってしまい、

欲しくもない結果を

手に入れてしまうのです。

 

 

 

 

やはり大事なのは、

うまくいかなかった、

十分な結果ではなかった、

悔しい思いをした、

という時には、

 

しっかりと原因分析をする

必要があります。

 

 

 

そうすることで、

前進できるのです!

 

 

 

 

この記事が気に入ったらシェアお願いします!

メッセージ・ご相談はこちら(必ず返信します)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

何でお困りかお選びください。

メッセージ本文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社エス・プロモーション 代表取締役兼CEO 山本 佳典 (やまもと・よしのり) 1989年岡山県生まれ 元大手金融機関(某メガバンク)勤務。 個人の超富裕層顧客に対してのリテール営業を経験。 自身のスキルアップのために取り組んだコーチング・コンサルティングビジネスにおいて、 “たった2か月でクライアント14名、723万円の契約報酬を獲得!” オフラインとオンラインを組み合わせた集客コンサルティング事業、わかりやすくて面白いコピーライティング事業、どんどん集客できるブログ型HP作成サポート事業、戦略的に高単価で売れるセールススキル養成事業などマルチに活躍。 相手の心を鷲掴みにするトーク術とナチュラルな雰囲気で多くのファンを獲得している。