家計管理できないコーチ・コンサルは完全に損している

 

この記事を書いている人 - WRITER -
株式会社エス・プロモーション代表取締役社長 山本 佳典(やまもと・よしのり) 1989年岡山県生まれ 元三井住友銀行勤務。 個人の超富裕層顧客に対しての資産運用コンサルティング業務に従事。 官僚的・閉鎖的な企業体質への不満、 銀行でのキャリアステップ・ビジョンへの期待薄、 自身の才能・能力を持て余しているという虚無感 などを感じ、起業。 現在は、銀行員など大手企業・公務員からの独立起業成功実績No.1の会社を経営している、独立起業支援・経営コンサルタント。 現在、娘(1歳)息子(0歳)二児のパパ。
詳しいプロフィールはこちら

今日は、

元銀行員ならではの

僕の必殺技を一部紹介します。

(悪用厳禁ですよ。)

 

これを習得したら、

今まで契約できなかったクライアントを

獲得でき、契約率が上がること間違いないでしょう!

 

 

お金がないって言い訳をぶっ潰す方法

 

見込み客に対して、

オファーをかけたら、

こんな言い訳されることありますよね。

 

ダウンロード (2)

『実は今お金がないんですよ・・・・。』

 

そりゃお金の問題はシビアですからね。

家計が厳しいという状況もあるでしょう。

 

でも、

本当にあなたのオファーに

価値を感じているのであれば

お金はなんとしてでも準備するはずなんです!

 

『でも借金するのは無理です・・・・・。』

という人もいるでしょう。

 

 

そんな人には、

まず、こう言ってあげましょう。

 

783283dbbb2d0d1ad2173dffe5e25055_78

『今貯金ってされてますか?』

 

すると、

『なんとなくできてるつもりです。』

もしくは

『いや、できてないですね。』

もしくは

『むしろ大赤字です。』

 

なんて回答がくることでしょう。

 

 

これは完全に僕の私見ですが、

《今支払えるお金がないんです。》と、

言い訳される方で、

コーチングの必要性があると思われる方は、

たいていお金の管理も不十分な方が多い傾向にあります。

 

 

そんな人は、

お金の不安が頭から消えない限り、

コーチング契約には

本当の意味で安心してお金を払えません。

 

 

そして、さらにこう言うのです。

 

kakeibo_02

『毎月いくら貯金されてるんですか?』

 

そしたら、たいていこういう返答がきます。

『特に決めてなくて、余ったお金を貯めてます・・・・。』

 

 

ほら、これが問題ですよ。

 

余ったお金って毎月固定されてないじゃないですか。

 

《収入ー支出=貯金》ではなく、

《収入ー貯金=支出可能額》とすると、

貯金は毎月一定額できますし、

支出可能額が初めから制限されるので、

あまり無駄遣いができなくなりますからね!

 

 

めちゃくちゃ簡単な家計管理術です!

 

これを見込み客に教えてあげるだけで、

安心してお金を払ってくれるようになりますよ!

 

 

相手の言い訳を潰す方法は

頭を使って考えましょう!!

この記事を書いている人 - WRITER -
株式会社エス・プロモーション代表取締役社長 山本 佳典(やまもと・よしのり) 1989年岡山県生まれ 元三井住友銀行勤務。 個人の超富裕層顧客に対しての資産運用コンサルティング業務に従事。 官僚的・閉鎖的な企業体質への不満、 銀行でのキャリアステップ・ビジョンへの期待薄、 自身の才能・能力を持て余しているという虚無感 などを感じ、起業。 現在は、銀行員など大手企業・公務員からの独立起業成功実績No.1の会社を経営している、独立起業支援・経営コンサルタント。 現在、娘(1歳)息子(0歳)二児のパパ。
詳しいプロフィールはこちら