差別化という意味を履き違えていませんか?

昨日、クライアントさんからこんな相談を受けました。

コーチ・コンサル業をしてる方です。

 

『あぁ、人より優れた特徴がなくて困ってるんですよ。

どうやったら差別化できるんですかね〜?』

08e52cdf6522eafd070571b437159297_s-300x200

 

この《差別化》ってことば。

聞きますよね。

 

特に最近は、

コーチ、コンサル業をされる方が

かなり増えてきていて、

市場の中で尖った存在になる必要があると

考えての発言だと思われます。

 

ここでいう《差別化》

『人よりも優れているところ』

ってしていますが、

それ。

 

大きな間違いなんです!!

 

差別化とは、

『優位性』ではなくて、

『違い』なのです!

 

優位性だと思っているとドツボにハマる

 

もし、差別化を《優位性》と捉えていると、

どうなるか。

 

『あぁ、あの人には自分は勝てない。』

『こんな強みもなにもない自分じゃ相手にされない。』

3d people -  man, person presents "good" and "bad" words

 

 

と、常に人と『比較』をし続けることになり、

自信をもって自分の商品・サービスを

世に出すことができなくなってしまうのです。

 

正しい差別化の仕方

 

それでは、正しい差別化の仕方はどのようにしたらよいのでしょうか。

 

簡単なものを2つ紹介します。

 

1.ターゲットをとことん絞る

images-2

 

これが一番簡単な差別化の方法です。

ターゲットを広げすぎると、

競合他社が異様に増えてしまい、

それこそいろんな人と比較してしまいます。

 

なので、ターゲットをとことん絞り、

対象を狭めてやりましょう!

 

2.キャラクター

201603101148_06714

 

自分のコンテンツ云々ではなく、

あなた自身のキャラが差別化の要素になります。

『え・・・・そんな変わった人間でもないのに・・・・。』

と思うかもしれません。

 

無理して変なキャラを作る必要がありません。

 

等身大のあなたらしいあなたでいいんです。

 

そのあなただから、

ターゲットには響くのです。

 

 

変に背伸びをせず、

あなたらしいじぶんでいきましょう!!

この記事が気に入ったらシェアお願いします!

メッセージ・ご相談はこちら(必ず返信します)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

何でお困りかお選びください。

メッセージ本文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社エス・プロモーション 代表取締役兼CEO 山本 佳典 (やまもと・よしのり) 1989年岡山県生まれ 元大手金融機関(某メガバンク)勤務。 個人の超富裕層顧客に対してのリテール営業を経験。 自身のスキルアップのために取り組んだコーチング・コンサルティングビジネスにおいて、 “たった2か月でクライアント14名、723万円の契約報酬を獲得!” オフラインとオンラインを組み合わせた集客コンサルティング事業、わかりやすくて面白いコピーライティング事業、どんどん集客できるブログ型HP作成サポート事業、戦略的に高単価で売れるセールススキル養成事業などマルチに活躍。 相手の心を鷲掴みにするトーク術とナチュラルな雰囲気で多くのファンを獲得している。