仕事のできる人は、相手が『喜び』、自分が『得する』交渉をしている

あなたは『交渉』って得意ですか?

pht_coaching04

 

 

『交渉』と聞くと、

ちょっと恐れ多いような感じがしますが・・・

 

一般的なイメージの

セールスや、

会社と会社との商談というもの以外にも、

夫婦間でのお小遣いUP交渉も、

20150515003955

交渉といえば交渉ですよね笑

 

 

ビジネス、プライベート、

いろんな場面で行われる交渉ですが、

交渉下手な人は、

どんな交渉をしているかというと、

 

『どちらか一方だけが得する交渉』をしているのです!!

314

 

片方だけが良い思いをしているというのは、

つまりは

相手は良い思いをしていない!

ということですよね・・・

 

 

これでは一時的に決着が着いたとしても、

その後もきっと亀裂が生じます・・・

 

 

打ち負かす交渉がダメな理由とは

 

恨みを買われてしまう

 

例えば。

今後も継続的に取引が必要な相手に対して、

一方的に利益を得ようと交渉した場合。

 

相手はあなたに対して、

なにかしらの『恨み』を持つのです。

 

『あの時、こんなことされたからな・・・』

『次は、向こうを負かしてやろう・・・』

uge_men

 

 

と、不健全な取引関係になってしまいます。

 

常にお互いの腹の探り合いです。

 

 

関係がさらに広がらない

 

また、

あなたが個人でビジネスをしているとしましょう。

 

個人でビジネスをする際には、

『集客』というのは

難しいポイントのひとつです。

 

その中で、

『紹介』をしてもらうというのは、

非常に有効な方法です。

 

 

『〇〇さんのサービス、めちゃくちゃいいから話聞いてみてよ!!』

discount-illust

 

って紹介が発生するのは、

その人自身のことを紹介したくなるような

素敵な人物であるから、

なんです。

 

もし、最初に相手を打ち負かすような交渉を

していた場合には、

そのような『紹介』は発生しないでしょう!

 

関係性はそこでストップしてしまいますね・・・

 

 

自分が『得する』交渉が必要なワケ

 

自分が『得する』って聞くと、

 

『なんだ、結局得すること考えてるんじゃん。相手のことを大切にするんじゃないんかい!』

e79f61a6baca46b24df8b1f92d141ae5

 

って突っ込まれるかもしれません。

 

 

そうですよね。

よく『相手のために』とか『利他の精神』

201301271815578eb

 

って言いますもんね。

 

 

ただ、

極端な『利他の心』は、

言い換えれば『自己犠牲』になってしまいます。

 

 

 

517627dcb864273f1956a59c70426c31

『あぁ〜、顔分け与えすぎちゃった〜〜〜〜・・・もう無理・・・・』

 

 

それでは、

適切な関係性は長続きしません。

 

 

自分が満たされない状況で、

相手のことを満たすことはできません。

 

 

ですので、

交渉で大事なのは、

《相手に『喜んでもらい』、自分は『得する』》交渉をすることなのです!

 

 

《相手が喜ぶこと》

《自分が得すること》

の2つが両立するとき、

そこには円滑さが生まれるのです。

 

 

 

『相手が喜ぶポイントはどこなのか。』

 

『それでも自分が得するポイントはどこなのか。』

 

バランスをとった交渉をしていきましょう!

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったらシェアお願いします!


お客様の声・実績・成功事例をデータでわかりやすくまとめました!


あなたの『独立起業』の参考になる、

お客様の声・実績・成功事例・データ集をわかりやすくまとめました!

『どんなお客さんがいるのかな?』

『一体なにで独立起業して成功しているのかな?』

『自分にもできるのかな?』

・・・

そんなお悩みがあれば、ぜひ参考にされてください!


メッセージ・ご相談はこちら(必ず返信します)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

何でご相談されたいか項目にチェックを入れてください。
独立起業したいのですが何で起業したらよいかわかりません。やりたいことはあるのですが、それをビジネスにする具体的な方法がわかりません。自分の強みや才能がわかりません。交流会や朝活に行っても集客できません。FacebookやブログでのWEB集客がうまくいきません。営業・セールスがうまくいきません。お客さんの実績について詳しく知りたいです。無料相談希望です。

メッセージ本文<具体的に相談されたい内容をこちらに記入してください。>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社エス・プロモーション代表取締役社長 ローリスクハイスピード起業戦略プロデューサー 山本 佳典(やまもと・よしのり) 1989年岡山県生まれ 元三井住友銀行勤務。 個人の超富裕層顧客に対しての資産運用コンサルティング業務に従事。 官僚的・閉鎖的な企業体質への不満、 銀行でのキャリアステップ・ビジョンへの期待薄、 自身の才能・能力を持て余しているという虚無感 などを感じ、起業を決意。 厳しい副業禁止規定がある条件下で いかにして会社にバレないように ローリスクで効率的に”集客・セールス”をして稼ぐかにフォーカスし、 独自の『ローリスクハイスピードオフライン集客術』と 『最短最速でサクッと契約が決まるセールストーク術』を活かし、 3ヶ月の副業期間中に受注ベース700万円の売上を達成。 絶対安定と言われる大手銀行というブランドを捨て、 生まれたばかりの娘がいるという中でも、 2016年7月にコンサルタントとして起業。 独立起業後は、 SNS×HPを組み合わせた自動集客システム、 月間20件以上の紹介を発生させる信頼構築システムを確立し、 安定的に売上を上げている。 副業から起業に向けて ハイスピードで結果を出した、 ローリスク(会社にバレないオフライン集客、コスト不要の絶対安定WEB集客ノウハウ)で ハイスピード(最短最速高確率で成約できるセールスメソッド)の 賢い起業戦略を教えている。 現在、娘(1歳)息子(0歳)二児のパパ。