その場で成約できない人は、見込み客の3つの『?』を潰せていない。

『あぁ〜また今日も検討しますって言われたよ〜』

e682a9e38280e291a0

 

またまたでてきました、検討しますというお悩み。

 

 

一生この『検討します。』の地獄からは抜け出せないかもしれないですね・・・・

 

 

『検討します。』って言われるということは、

つまりは、

『NO』と同じことというのは、

以前にもお伝えしたとは思うのですが、

 

その場で決断をしてもらえなかったとしたら、

 

あなたが契約がとれないというのはもちろんですが、

そのことは、

相手にとってもマイナスなことなんです。

 

 

相手に決断してもらえなかったら、

相手の人生はどうなるでしょうか?

 

そもそも、

その場で決断できなかった理由というのは、

どんなことがあるか考えたことはありますか?

 

 

 

今日は、

その場で契約できなかった、

『検討します。』と言われた時の、

相手の『?』についてのお話をしていきましょう!

 

検討させることは相手にとっての悲劇

 

まず、

相手に検討させてしまうこと、というのは、

相手にとってはどんな意味をもたらすのでしょうか。

 

どのような経緯で目の前の人にセールスをしたか、

というのはケースバイケースではありますが、

少なくとも、

あなたが目の前の人にセールスをかけたということは、

 

あなたの商品・サービスが

『目の前の人の人生にとって役に立つ・必要なもの』

image

だからですよね?

 

 

もし、

その場で決断させることができずに、

 

自分の問題解決や夢実現を先送りにしてしまえば、

そのチャンスを奪ってしまうことになるのです。

cmxkfhfusaa_bqt

 

 

それは悲劇としか言いようがないですよね・・・

 

 

そうならないためにも、

その場で決断させる必要があるんです。

 

見込み客の3つの『?』を潰すと、即契約できる

 

以下に挙げる3つの『?』を潰すと、

『検討します。』と言われることなく、

即日契約に至ることができます。

 

1.なぜ私にはその商品が必要なのか?

%e8%87%aa%e5%88%86

 

まずは、これです。

 

なぜ私にこの商品・サービスが必要なのか。

 

目の前の相手に、

”自分ごと”にしてもらう必要があります。

 

 

もし、これが自分ごとではなく、

”他人事”になった状態であれば、

 

『確かにこの商品はいいモノかもしれないですが、私には必要ないです』

no

 

ってなりますよね。

 

 

2.なぜ他の人からではなく、あなたから買うのか?

uncle-sam

 

同じような商品・サービスを扱っているのは、

おそらくあなただけではないはずです。

 

 

なぜ、目の前の人はあなたから

商品を買わなければならないのでしょう。

 

 

そこが明確になるために大事なのは、

あなたとの”信頼関係”

一番大きなものになるでしょう!

 

”何を買うかではなく、誰から買うか。”

 

これは非常に大切なポイントですね!

 

3.なぜ今買わなければならないなのか?

blog_import_52467f2f85d89

 

なぜ後日ではなく、

”今”買う必要があるのか、

これを相手に明確に感じさせないと、

その場での決断をすることはできません。

 

 

”今”決断することでどんないいことがあるのか。

 

”今”決断しなければどんなよくないことがあるのか。

 

 

それを相手に感じさせるお手伝いをするのが、

セールスなんです。

 


いかがでしたか??

 

目の前の人が人生に変化を与えるキッカケを作ってあげましょう!

 

********************************

『検討します。』と言われないための

テクニックについてもお伝えしている

無料動画講座はもう見られましたか?

 

詳しくはこちら↓

bana-merumaga-001

この記事が気に入ったらシェアお願いします!


お客様の声・実績・成功事例をデータでわかりやすくまとめました!


あなたの『独立起業』の参考になる、

お客様の声・実績・成功事例・データ集をわかりやすくまとめました!

『どんなお客さんがいるのかな?』

『一体なにで独立起業して成功しているのかな?』

『自分にもできるのかな?』

・・・

そんなお悩みがあれば、ぜひ参考にされてください!


メッセージ・ご相談はこちら(必ず返信します)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

何でご相談されたいか項目にチェックを入れてください。
独立起業したいのですが何で起業したらよいかわかりません。やりたいことはあるのですが、それをビジネスにする具体的な方法がわかりません。自分の強みや才能がわかりません。交流会や朝活に行っても集客できません。FacebookやブログでのWEB集客がうまくいきません。営業・セールスがうまくいきません。お客さんの実績について詳しく知りたいです。無料相談希望です。

メッセージ本文<具体的に相談されたい内容をこちらに記入してください。>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社エス・プロモーション代表取締役社長 ローリスクハイスピード起業戦略プロデューサー 山本 佳典(やまもと・よしのり) 1989年岡山県生まれ 元三井住友銀行勤務。 個人の超富裕層顧客に対しての資産運用コンサルティング業務に従事。 官僚的・閉鎖的な企業体質への不満、 銀行でのキャリアステップ・ビジョンへの期待薄、 自身の才能・能力を持て余しているという虚無感 などを感じ、起業を決意。 厳しい副業禁止規定がある条件下で いかにして会社にバレないように ローリスクで効率的に”集客・セールス”をして稼ぐかにフォーカスし、 独自の『ローリスクハイスピードオフライン集客術』と 『最短最速でサクッと契約が決まるセールストーク術』を活かし、 3ヶ月の副業期間中に受注ベース700万円の売上を達成。 絶対安定と言われる大手銀行というブランドを捨て、 生まれたばかりの娘がいるという中でも、 2016年7月にコンサルタントとして起業。 独立起業後は、 SNS×HPを組み合わせた自動集客システム、 月間20件以上の紹介を発生させる信頼構築システムを確立し、 安定的に売上を上げている。 副業から起業に向けて ハイスピードで結果を出した、 ローリスク(会社にバレないオフライン集客、コスト不要の絶対安定WEB集客ノウハウ)で ハイスピード(最短最速高確率で成約できるセールスメソッド)の 賢い起業戦略を教えている。 現在、娘(1歳)息子(0歳)二児のパパ。