友人・知人への商品サービスは割引したほうがいいのかという難問に答えます。

『友人に対してサービスを提供するときは割引したほうがいいんですか?』

 

と、先日クライアントから相談を受けました。

 

友人・知人に対して、

自分の商品・サービスを提供する時に

『友達だから〇〇%割り引くよ〜』

ってしている人は多いと思います。

 

 

その一方で、

『いやいや、友達だからと言って割引するのはオカシイ!』

と、割引反対派もけっこういると思います。

 

これはけっこう議論が絶えない内容ですよね。

 

 

僕自身はどうかというと、

『割引は反対派』です。

 

それにもまぁいろんな理由があるので、

今日はいろんな角度から

『お友達割引』について考えてみましょう!

 

そもそも”無料提供”はありえない

 

稼げていない起業家の人で多いのが、

『無料体験』ばっかりを乱発して有料サービスを提供していなかったり、

友達に対してはサービスだからと言って、

無料でなんでもかんでもやっている人がいます。

 

これはもう完全にアウトです。

 

一番最初の面談は特別に無料っていうのは

いいことなんですが、

その後有料のサービスの発展がない場合には

よくありません。

 

 

”タダ”を要求してくる人はお客にしないほうが絶対に良い

 

自分から無料でサービスすることは

あまり健全ではないのはもちろんですが、

 

『タダでやってくれますか?』

って、無料で恩恵を受けようとしている輩は

さっさと見切りをつけて、

お客さんにしないほうが得策です。

 

 

経済用語でこういうやつを、

『フリーライダー』

と言いますが、

フリーライダーはめちゃくちゃ厄介です。

 

なんでもかんでも無料でなんとかなると思っている人間です。

 

人からとにかく旨味だけ吸い取って、

自分はそれに対して何も対価を払うつもりがないわけです。

酷い人は、もらうだけもらって礼のひとつも言わない。

 

完全に舐めてますよね。

そんな人が自分のビジネスをうまく回していけるはずがありません。

 

無料の情報だけでやっていても、

ほんとにその程度の発展しか見込めません。

 

そんな人には

いくら有料サービスの提案をしたところで

聞く耳を持ちません。

 

僕はこんな人は完全に切り捨てています。

酷いようですが、

自分のビジネスの歯車を狂わしますからね。

 

自分も相手も本気度が絶対に下がる

 

これは僕自身の痛い経験から話をしますが、

友達や仲間といった近しい関係だからと言って、

割り引いたり、

異様に低単価でサービスを提供した場合どうなるかというと、

 

自分も相手も”本気度”が絶対に下がります。

 

 

『通常なら半年〇〇万円でやってるけど、

一緒に頑張ってる仲間だから特別に超割安でやってあげるよ!』

 

 

こうやった結果どうなるかというと、

こちらから相手に提供するサービスの質も下がりますし、

サービスを受ける側の成長も阻害されてしまいます・・・・

 

 

結局、お互いに良いことなく終わってしまうんですよね・・・

 

ここでいうサービスに支払う対価というのは、

イコール、『決断料』

となりますので、

あまりにも本人に痛手のない値段では

軽い気持ちでやってしまう可能性が高まるんです。

 

そんなの誰も望んでないですよね?

 

 

それなら最初から

正規の金額を提示したほうが

お互い気持ちよく成長できるはずです。

 


いかがでしたか?

 

あなたは割り引く派ですか?

割り引かない派ですか?

 

 

どちらでも個人の問題なので

強制するつもりは毛頭ないですが、

どちらにしろ

『自分はこういう理由で割り引く    or    割り引かない』

という信念を持ってビジネスに取り組みましょう!

この記事が気に入ったらシェアお願いします!


お客様の声・実績・成功事例をデータでわかりやすくまとめました!


あなたの『独立起業』の参考になる、

お客様の声・実績・成功事例・データ集をわかりやすくまとめました!

『どんなお客さんがいるのかな?』

『一体なにで独立起業して成功しているのかな?』

『自分にもできるのかな?』

・・・

そんなお悩みがあれば、ぜひ参考にされてください!


メッセージ・ご相談はこちら(必ず返信します)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

何でお困りかお選びください。

メッセージ本文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社エス・プロモーション代表取締役社長 ローリスクハイスピード起業戦略プロデューサー 山本 佳典(やまもと・よしのり) 1989年岡山県生まれ 元三井住友銀行勤務。 個人の超富裕層顧客に対しての資産運用コンサルティング業務に従事。 官僚的・閉鎖的な企業体質への不満、 銀行でのキャリアステップ・ビジョンへの期待薄、 自身の才能・能力を持て余しているという虚無感 などを感じ、起業を決意。 厳しい副業禁止規定がある条件下で いかにして会社にバレないように ローリスクで効率的に”集客・セールス”をして稼ぐかにフォーカスし、 独自の『ローリスクハイスピードオフライン集客術』と 『最短最速でサクッと契約が決まるセールストーク術』を活かし、 3ヶ月の副業期間中に受注ベース700万円の売上を達成。 絶対安定と言われる大手銀行というブランドを捨て、 生まれたばかりの娘がいるという中でも、 2016年7月にコンサルタントとして起業。 独立起業後は、 SNS×HPを組み合わせた自動集客システム、 月間20件以上の紹介を発生させる信頼構築システムを確立し、 安定的に売上を上げている。 副業から起業に向けて ハイスピードで結果を出した、 ローリスク(会社にバレないオフライン集客、コスト不要の絶対安定WEB集客ノウハウ)で ハイスピード(最短最速高確率で成約できるセールスメソッド)の 賢い起業戦略を教えている。 現在、娘(1歳)息子(0歳)二児のパパ。