<紹介をもらう方法を知りたい方へ>間違った紹介依頼の方法と正しい紹介依頼の方法まとめ

株式会社エス・プロモーション代表

ローリスクハイスピード起業戦略プロデューサーの山本佳典です。

 

 

今回のテーマは、

<紹介をもらう方法を知りたい方へ>間違った紹介依頼の方法と正しい紹介依頼の方法まとめ

ということなのですが、

本題に入る前に、

今日のテーマが気になる方には

ぜひ知ってもらいたい重要な話を少しだけさせてくださいね。

・・・・

・・・・


 

日頃から弊社では、

  • これから起業したい!という会社員、公務員の方
  • 起業はすでにしているけれど、なかなか売上の上がらない個人事業主・中小企業の方

 

からお問い合わせをいただき、

継続コンサルティングを受講していただいているのですが、

中でも多い相談は、

『集客がなかなかうまくいかないんです。』

というご相談です。

 

 

どんな仕事、ビジネスをするにおいても

『集客』というのは切っても切れない大きな課題になりますよね。

 

そこでまた一つ問題が出てくるわけです。

 

こんな『集客コンサルタント』『マーケティングコンサルタント』に騙されてはいけない

 

そして、

その問題を解決してくれる、

『集客コンサルタント』『マーケティングコンサルタント』

と名乗る仕事をしている人がいるんですが、、、、

 

ここであなたに注意しておいて欲しいことがあります。

 

 

たまにこんなコンサルタントがいるんです。

・・・・

『”紹介”に頼ってる集客じゃなく、”インターネット集客”に注力すれば、楽に集客できますよ!

紹介なんてもらわなくたって大丈夫です!』

って。

 

僕からすれば、

こんなことを言っている人は100%信用できません。

 

こんな人に限って、

相手の状況・価値観も何も聞かず、

相手のビジネスの特徴も何も知らずに、

ただただインターネット集客は簡単に集客できるからという謳い文句で

あなたをうまく誘ってくるんです。

 

 

ここでひとつ、

集客を学びたいと思っている人に、

学ぶ先を決める基準をたったひとつだけお伝えしておきます。

 

それは、

『WEB集客だけしか教えていない人は信用するな。』

ということです。

 

 

その人は、

WEBマーケティングを”学んだ風”に見せているだけな可能性が高いです。

 

本質的なマーケティング、集客を知らない可能性が高いです。

 

 

本当にWEB集客だけ学べば良いと思っているのであればいいですが、

もしあなたが

『WEBでもリアルでもどちらでもいいので、なるべく即結果につながる集客ができたらそれでいい!』

というのであれば、

今日の話はぜひ参考にしてもらえたらと思います。

 

 

では、

本題に入っていきますね。

 

『紹介』というのは最強のマーケティング手法である。

 

『紹介』というのは最強のマーケティング手法であると言われることがあります。

 

紹介のメリットというのはいろいろありますが、

あえて挙げるとするならば、

 

・金銭的な集客コストがかからない

・集客できるスピード感が早い

・信頼関係構築がすでに出来上がっている

・契約率が高くなる

 

こういったものがあると思われます。

 

まとめると、

インターネットや広告を使って集客するよりも

お金がかからずに、

契約可能性の高い人を集客することが可能になるということです。

 

 

そんな良いことずくめの『紹介』ですが、

実際は紹介を苦手としている人も多いですし、

デメリットだってあります。

 

デメリットとしては、

・自分ではコントロールできない

・紹介がこなければ集客できない

・紹介をしてくれる人がそもそも少ない

 

もしかしたらこのブログを読んでいただいてる方も

経験があるかもしれませんが、

『紹介してください!』って誰かに言っても

全く反応がなかったってことはありませんか?

 

そうなんです。

 

そもそも人は紹介をすることに対しても抵抗感を持っているんです。

 

プラスで、

そんな人任せな方法なのでいつ紹介が発生するかも

自分ではコントロールできないという点が問題なんですよね。

 

 

 

ただ。

 

 

きちんと正しい方法さえ学べば、

『意図的にコントロールして』紹介を発生させることは可能なのです!

 

そんなのありえない!って思っている方、

知りたい!って思っている方は、

続きを読んでみてください。

 

 

<紹介をもらう方法を知りたい方へ>間違った紹介依頼の方法と正しい紹介依頼の方法まとめ

 

<間違い①>誰でもいいのでそこらじゅうの人みんなから紹介をもらおうとする。

 

前述もしましたが、

人は基本的に紹介をすることも苦手です。

 

だって紹介をすることってけっこう責任感伴いませんか?

 

『変な人紹介してしまって〇〇さん困らせてしまったら悪いな・・・紹介しにくいな・・・。』

って気を遣う人がほとんどだからです。

 

地球には人間がたくさんいますが、

はっきり言って、きちんと紹介を出せる人というのは

ごく数%しかいないように思います。

 

なので、

誰でもかれでもみんなに『紹介くれ!』って言っても無駄なんです。

 

 

<間違い②>会って間もない人に紹介依頼する。(交流会、朝活、カフェ会に行っている人に多い)

 

これは一番間違ってやってしまっている人が多いパターンですが、

『会ってその場で紹介をくれくれ言っている人』です。

 

異業種交流会、名刺交換会、朝活、カフェ会・・・

こういった場に参加している人にとても多いパターンです。

 

 

もし、心あたりのある方はこんな会話になってませんか?

あなた
初めまして、〇〇と申します。
相手
初めまして、△△と申します。
あなた
私は***という仕事をしていまして、もしこういったことに興味のある方が△△さんの周りにいらっしゃったら是非ご紹介していただきたいのですが。
相手
あ、そういったビジネスをされてらっしゃるのですね。私は###という仕事をしてますので、もし良ければ〇〇さんの周りでご興味ある方いらっしゃればご紹介いただけたら助かります。
あなた
そうですね、わかりました!
相手
はい!お互い協力していけたらいいですね!

 

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

待てど暮らせど何もお互いに反応なし。

 

・・・・・・・・・

こんなことに陥っているのは明らかに原因があるからです。

 

よく考えてみてください。

 

あなたのことをよく知らない人が

あなたのことをいきなり紹介してくれるなんて

そんな都合のいいことがあるでしょうか。

 

それに、

交流会や名刺交換会にきている人というのは

はっきり言って”余裕のない方”が多いはずです。(もちろん100%ではないですが)

 

自分のビジネスを広めたいという気持ちで

頭がいっぱいなんです。

 

そんな人にいきなりお願いしてもうまくいく可能性は極めて低いですよね。

そこは冷静に考えましょう。

 

<間違い③>自分のビジネスの内容しか伝えていない。

 

これもすごく多いのですが、

自分のやっていることしか伝えてないのに紹介をくれくれ言っている人が多いです。

 

 

はっきり言って今世の中にあるビジネスって

どれも似たり寄ったりなので

全然代わり映えしないことが多いです。

 

”〇〇コンサルタント”

”〇〇コーチ”

”〇〇ビジネス”

”〇〇士”

 

『あぁ、よくあるビジネスだね』

で終わるでしょうね。

 

 

ですので、ビジネスの内容だけで判断されて

あなたが選ばれるということはかなりの確率でありえないはずです。

 

 

”紹介はなぜ発生するのか”がきちんとわかれば、

ここで大事なポイントが見えてくるはずです。

 

 

それは後ほど書きますね。

 

<正しい方法①>紹介を大量生産してくれるパートナーとパートナーシップを組み、綿密な打ち合わせをする。

 

前述もしましたが、

紹介をしてくれる人はしてくれるし、

紹介をくれない人は全くくれません。

 

その見極めというのはきちんとしないと無駄足を踏むばかりです。

 

紹介をくれない人にたくさん声を掛け、くれくれ言って、

『全然紹介来ないじゃないかー!』ってイライラするくらいなら、

きちんと紹介をくれるパートナーを数人つけて

紹介をその数人から確実にもらう方が

かなり合理的だとは思いませんか?

 

<正しい方法②>紹介をもらう正しいタイミングを理解して、実践する。

 

前述しましたが、

会っていきなり『紹介くれくれ』は絶対にNGです。

 

紹介をもらうには正しいタイミングというものが存在します。

 

紹介がもらいやすいタイミングというのは

いろいろありますが、

一番大切なのは『信頼関係が形成されているかどうか』です。

 

信頼関係が成り立ってない状態で

『くれくれ』言っても紹介が発生するはずがありません。

 

『くれくれ』って言いたくても

その思いをぐっと堪えて待ちましょう。

 

一番信頼関係が構築されているタイミングっていつだと思いますか?

 

諸説ありますが、

一番のタイミングは『契約いただいた後』だと言われています。

 

なので、まずは契約をもらうこと。

そして、既存のお客さんに満足してもらえることが大切だということですね。

 

<正しい方法③>相手の脳みそに無意識のうちに”あなたのこと”を刷り込む。

 

これはものすごく有効な方法なのですが、

『紹介をください!』と直接的に言うというよりも、

”勝手に”紹介が発生するようになる超実践的な方法です。

 

それは何かというと、

紹介を発生させてくれそうな人に

自分の仕事、ビジネスの話をする時に、

何度も何度も『あなたのことを強烈に印象付けるワード』を話すということです。

 

 

こちらの画像をみてください。

 

こちらは僕にとある方を紹介いただいた時のやりとりです。

 

僕は日頃、

『どんなキャリアを歩んできたか』

『どんな人を救いたいという想いで今の仕事をやっているか』

ということをひたすらに喋っています。

 

そうすると、

僕の紹介をしてもらいたい方を

ピンポイントで紹介してもらえるんです。

 

前述しましたが、

『自分のサービス』の話だけしてる人は紹介はきません。

 

『自分の仕事への想い』を喋っている人には紹介がきます。

 

あなたのことを覚えてもらうためには

サービス内容では覚えてもらえないのです。

 

<正しい方法④>紹介者が”簡単に”紹介できるようなツールを作成する。

 

紹介をすることが難しい理由というのは、

『どう説明したらいいかわからない。』

ということも理由としては挙げられます。

 

自分では自分のことを説明するのは簡単ですが、

自分のこと以外をうまく説明するのは難しいものです。

 

そんな時には、

より”簡単に”あなたのことを説明してくれるツールを作っておくといいでしょう。

 

どんなことをやっているかが明確にわかるチラシを作るのもいいですし、

フェイスブックなどのSNSでビジネスの発信をしているなら

それを見せてもらうのもありですし、

ホームページなどを作っておけばめちゃくちゃわかりやすいですよね!

(もちろんきちんと作り込んでおく必要はありますが)

 

あなたは紹介がより簡単に発生するような努力はしていますか?

 

<正しい方法⑤>あなたのビジネスが他とどう違うかを明確にする。

 

前述したところで、

”なぜ紹介が発生するのか”というところが大切なポイントと

書きましたが、

 

これは何かというと、

『驚き、意外性、共感、感動』という心理的なトリガーが引かれるかどうか

ということなんです。

 

 

『なんだこの人!めっちゃ面白いことしてるな!』

『この人の考えは共感できるな!』

という驚きや、共感が生まれると、

人はついつい他の人に伝えたくなるのです。

 

それがなければ紹介は発生しません。

 

あなたのビジネスの内容や想いに

こういった心理的なトリガーを引くものが

ないのであれば

すぐにでもそのビジネスのコンセプトを改善していく必要がありますね!

 


 

いかがでしたか?

 

もし自分が間違った紹介依頼の方法をしていたとすれば、

すぐにでも正しい紹介依頼の方法を実践されることをお勧めします!

 

ただ、

なかなかすぐに実践するのも難しいというのも事実です。

 

特に、

簡単に紹介できるようなツールの作成や、

そもそものビジネスのコンセプトの改善は

なかなか一人で実践できるものではありません。

 

自分でやっても迷路に迷い込むのは目に見えています。

 

 

そこで!

 

今回の記事を読んで

『私も、もっと紹介を上手に発生させていきたい!』

『集客に悩まなくなりたい!』

という方のためにご案内があります。

 

 

先着5名様限定で、

体験コンサルティングを受け付けています。

 

体験コンサルティングでは、

あなたが『本当は何につまずいているのか』を明確にし、

次へのステップを確実に踏めるような

実践的な部分にまで踏み込んでお話をさせていただきます。

 

 

前回のブログ記事でご案内したところ、

たちまち満席になりましたので

今回もお早めの申込をお願いいたします。

 

申込は↓の画像をクリックして

申込フォームからお願いしますね!

 

この記事が気に入ったらシェアお願いします!


お客様の声・実績・成功事例をデータでわかりやすくまとめました!


あなたの『独立起業』の参考になる、

お客様の声・実績・成功事例・データ集をわかりやすくまとめました!

『どんなお客さんがいるのかな?』

『一体なにで独立起業して成功しているのかな?』

『自分にもできるのかな?』

・・・

そんなお悩みがあれば、ぜひ参考にされてください!


メッセージ・ご相談はこちら(必ず返信します)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

何でお困りかお選びください。

メッセージ本文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社エス・プロモーション代表取締役社長 ローリスクハイスピード起業戦略プロデューサー 山本 佳典(やまもと・よしのり) 1989年岡山県生まれ 元三井住友銀行勤務。 個人の超富裕層顧客に対しての資産運用コンサルティング業務に従事。 官僚的・閉鎖的な企業体質への不満、 銀行でのキャリアステップ・ビジョンへの期待薄、 自身の才能・能力を持て余しているという虚無感 などを感じ、起業を決意。 厳しい副業禁止規定がある条件下で いかにして会社にバレないように ローリスクで効率的に”集客・セールス”をして稼ぐかにフォーカスし、 独自の『ローリスクハイスピードオフライン集客術』と 『最短最速でサクッと契約が決まるセールストーク術』を活かし、 3ヶ月の副業期間中に受注ベース700万円の売上を達成。 絶対安定と言われる大手銀行というブランドを捨て、 生まれたばかりの娘がいるという中でも、 2016年7月にコンサルタントとして起業。 独立起業後は、 SNS×HPを組み合わせた自動集客システム、 月間20件以上の紹介を発生させる信頼構築システムを確立し、 安定的に売上を上げている。 副業から起業に向けて ハイスピードで結果を出した、 ローリスク(会社にバレないオフライン集客、コスト不要の絶対安定WEB集客ノウハウ)で ハイスピード(最短最速高確率で成約できるセールスメソッド)の 賢い起業戦略を教えている。 現在、娘(1歳)息子(0歳)二児のパパ。